中原形成外科クリニック|神戸 中央区花隈・元町|けが・傷あと・腫瘍・巻き爪
お問い合わせ先

一般形成外科

一般形成外科とは

形成外科は、QOL(Quality of life)の外科と言われており、先天性もしくは後天性の身体外表の形・色の変化について、様々な外科的手法、技術を用いて修復する診療科になります。胎児の皮膚は完全に傷跡を残さず治癒するといわれています。しかし、生まれてからは人間の皮膚は損傷を受けると多くのケースで傷跡が残ってしまいます。そのような傷跡をできるだけ目立たせず、元の状態に近づける治療を行うのが形成外科の仕事です。
具体的には、顔の外傷・骨折、やけどやケガ、あざ、皮膚潰瘍、傷跡、腫瘍、先天的な外表異常の治療、また欠損した組織の再建などを行っています。

主な対象疾患

外傷(ケガ)、顔面骨折、やけど、あざ、腫瘍、先天異常、皮膚潰瘍、がんの切除・再建 など

一般形成外科の代表的な疾患

  • 外傷(ケガ)

当院で対応する主な外傷

擦り傷

擦り傷とは、転倒するなどして表皮(皮膚の一番外側)がこすり取られ皮膚がはがれた状態で、皮膚表面を擦ったことで炎症が起きています。傷そのものは浅いものの、これらの部分は神経が密に走っていることから傷が深いとされる切り傷よりもヒリヒリとした痛みは続きます。なお、傷自体は軽いとしても何の手当もせずに放置のままでは、細菌などに感染して化膿することもあります。そのため、感染症を防ぐためにも、お早めにご受診ください。

当院では、創傷いわゆる体表のケガについては、傷口を水で洗い流し、創面(傷の表面)を専用の創傷被覆材(ドレッシング材)で密封する湿潤治療を行っています。これはヒトが持つとされる「自己治癒能力」を最大限に生かす治療法で、これまでの傷を消毒して乾燥させてかさぶたを作る治療のように消毒によって傷を深くすることはありません。しかも痛みが少ない、治りが早い、きれいに治るという特徴もあります。

切り傷

切り傷は鋭い器物(刃物やガラスなど)によって生じた体表の傷を言います。擦り傷と違って、傷口が鋭く切断された状態なので、周辺組織につぶれは見られません。

切り傷も誰もが経験する日常的なケガですが、損傷した組織の深さと幅によって重症度は異なり、酷い場合は、神経・腱・骨といった部位にまで損傷が及ぶこともあります。もし切り傷によって、血管、神経、腱に完全な断裂をきたしてしまった場合は、緊急に縫い合わせをする必要もあります。

また、傷口に土やサビなどが入っていれば、破傷風などの感染症の可能性も考えられるので、抗生剤を投与するなどして最悪の状態を避けるようにします。なお、出血が多い場合は、縫合処置が行われます。同処置では、傷跡が目立ちにくい真皮縫合を行うほか、糸で縫うことはせずに創傷閉鎖用の滅菌テープを使用する、医療用のホチキスを使って患部を固定するといった処置がとられることもあります。

顔面骨骨折

顔面の形を構成している骨、下顎骨(下あご)、上顎骨(上あご)、鼻骨、頬骨(ほほ骨)、眼窩骨などを総称して顔面骨といいます。顔面を強打するとこれらの骨の骨折が起こり、顔の変形や機能障害が現れます。手・足の骨折、肋骨、脊髄コツなど、体幹の骨折は整形外科で行いますが、顔面骨の骨折は、形成外科で扱います。顔面骨骨折が疑われる場合は、まずCT撮影を行い、正確な診断をすることが重要です。正確な診断の結果、顔面骨骨折では、全身麻酔による整復術が必要な場合が多いですが、軽微な鼻骨骨折などは、局所麻酔による整復が可能です。顔面を強打して、顔の腫れが強い場合は、骨折しているのかどうか、見ただけではわからなくなります。顔面骨骨折を、そのまま放置して2週間以上たつと、骨が固まってしまい、整復が困難になってきます。顔面を強打した場合は、当院をはじめとした、形成外科を早めに受診することをお勧めします。

巻き爪(陥入爪)

足指の両端の先端部が、内側に大きく湾曲した状態を巻き爪といいます。中でも第1指で発生することが多いです。変形が高度になると、爪の脇の皮膚に爪が食い込むようになり、激しい痛みのため、歩くのも困難になることがあります。これを陥入爪といいます。爪が内側に変形する原因については、爪を深く切りすぎた、窮屈な靴を長時間はき続けている、外反母趾といったことが考えられます。

巻き爪の治療法としては、軽度の場合は、フットケアを行うとともに湾曲している部分をヤスリで軽く削ったりして皮膚に爪が食い込まないようにします。
中等度以上の場合は主にワイヤー法による矯正を行います。当院では、専用のフックのついたワイヤーを爪の両縁に引っかけ、ワイヤーをねじ上げることで丸まった爪を元に戻す張力をかけ、矯正を行います。

爪が皮膚に食い込み、感染を起こしてしまっているときは、まず食い込んでいる爪の部分を切除し、排膿処置を行い、抗生物質の内服などで感染を抑えます。感染がおさまった後に、上記のようなワイヤー法による治療を行うか、手術により原因となった爪の爪床・爪母を含めて切除するか、選択します。

※ワイヤー法による治療は、保険診療対象外です。

爪白癬(水むし)

白癬、いわゆる水虫を長年放置していると、爪に菌がすみつき、爪の変形や肥厚を来します。よく、巻き爪と間違われて来院する方がいらっしゃいますが、爪白癬が疑われる場合は、菌検査をし、陽性であれば白癬の治療を行います。

先天的な外表異常

先天的な外表異常とは、唇裂(いわゆる みつ口)や、合指症など、幼少期に全身麻酔で行うものが多いです。局所麻酔でもできる外表異常として、多いものは、副耳、耳前瘻孔、副乳などがあります。

副耳とは

主として耳の前方にイボのようなふくらみとして存在します。軟骨が入っている場合と、入っていない場合があります。治療は、手術による切除ですが、大人の方で気にしない方は、そのままでも問題ありません。

耳前瘻孔とは

耳の前方に小さな穴が開いているものです。一生そのままで何もなく経過する方もいますが、感染を起こすと、赤くはれて、膿が出てきます。この場合、切開排膿処置を行います。一度感染を起こすと、治ってもまた再感染する可能性が高くなりますので、切除手術を受けることをお勧めします。

副乳とは

乳腺組織が、正常な胸部以外の場所にできたものです。腋から下腹部まで体幹の色々な部分にできることがあります。複数個できる場合もあります。治療は、手術による切除で、乳頭・乳輪を伴っている場合は、一緒に切除します。

診療内容
  • 一般形成外科
  • 創傷外科
  • 皮膚腫瘍外科
  • 美容皮膚科

診療内容
ページ
TOP